中国で使うプリペイドSIMの決定版。実際に使ったおすすめ品のレビュー・設定方法をまとめます

中国に旅行するなら、通信手段を自分で準備しておかないといけません。中国のフリーWiFiはショートメールで認証して使う方式がほとんど。なので、基本的に中国の電話番号を持ってる人じゃないと使えないんです。

SIMフリーの端末を持っているなら、プリペイドSIMを持っておくのが一番おススメです。

▲この記事では、ぼくが買った上のSIMカードのレビュー・使い方についてまとめます。このプリペイドSIMは通信も安定していて、値段も900円程度に抑えることができました。

結論から言うと、中国で使うプリペイドSIMはこれを買っておけば間違いありません!

じんぞう

ぼくがSIMカードを買う時にも随分調べましたが、みーんなこのSIM使ってるんですもん。で、みんな無難に使えてる。自分も例に漏れず、無難に使えました。

ざらし

でも、中国にもプリペイドSIMって売ってそうよね?現地購入してもいいんじゃない?
そこなのよ。日本で事前にSIMカードを準備しとくのには、ちゃんと理由があるんです。

じんぞう

中国に入ってからSIMカードを買うのは難しい!日本でプリペイドを買っておこう

中国現地でプリペイドSIMカード買うのは難易度高め

中国に着いてからでも、プリペイドSIMカードは買えます。でも、難易度は高め。

  • ショップの場所をどうやって調べる?
  • 店員さんと中国語で会話できる?

この辺がけっこう大きいハードルになります。

▲ぼくの家の近所にある携帯ショップ。プリペイドSIMはこういった場所で買えるっちゃ買える。

これは、ぼくが中国に引っ越した日の体験談ですが…

じんぞう

中国に着いたらすべてが新しい環境で、注意すべきことがいっぱいあります。トランクを忘れちゃわないか、スリや置き引きに遭わないか、サイフを落とさないか…など。

そんな時に「中国語でSIMカードを買う」なんていう大きなタスクを入れちゃうと、かなりしんどい。余裕ゼロになっちゃう。少しでもストレスを減らすため、日本で準備できるものは準備しましょう。

中国でプリペイドSIMを買うのは、ほかにも大きな問題があります。

中国で買ったSIMカードは通信規制が掛かる

中国では「グレートファイヤーウォール(金盾)」という通信規制が敷かれています。この規制のせいで、いろんなアプリやサイトが使えなくなります。例えば

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Googleのすべての機能
  • Yahoo!のすべての機能

など。基本的に、中国外の情報を仕入れられるものはほぼ規制されます。

ざらし(ツイ廃)

つ、Twitter…(´;ω;`)ブワッ

でも、日本でSIMカードを買っておけば大丈夫。

▲冒頭でも紹介しましたが、ぼくが買ったのはこのSIMカード。「チャイナユニコム」という、世界三位のユーザー数を誇る会社の電波を使っています。信頼が置けます。

単純にAmazonやネット上で人気だったから選びましたが、ちゃんと快適に通信出来ました。

香港を経由して通信する仕組みになっているので、規制は全く掛かりません。もちろん、後でお金が請求されることもありません。

ざらし

でも、設定とかすぐできるの?ややこしくない?
大丈夫よ。ちゃんと説明書も付いてるしカンタンやったで!

じんぞう

ここからは、このSIMカードの使い方とか感想をまとめていきますね。

わたしのおすすめ。Amazonで買った、中国用プリペイドSIMレビュー

通信規制の影響は全く受けない

「通信規制の影響がない」って言っても、中国の中にいるんだしちょっとぐらいは影響あるんじゃ…?

じんぞう

と内心思っていましたが、これが全くありません。やるじゃんね。

ざらし(ツイ廃)

ッシャァ!Twitterし放題やでッシャア!
きみはもうちょっと自制しなさい

じんぞう

通信速度も普通。短期使用なら全く問題なし

画像データが多くて動作がモッサリしがちなGoogleマップなど使ってみましたが、全然問題なく通信出来ました。

ただ、ちょっと注意が必要。このSIMカードの情報を調べていると「『通信量無制限』って書いてるけど、使いすぎると制限がかかる」っていう情報を見つけました。えっなんか日本語おかしくない?大丈夫?

なんだかなあ…と思ってAmazonの製品ページを見ると、ちょっと有力かな?という情報が。

チャイナユニコムのプリペイドSIMのおかしな説明書き

▲「通信量無制限」を選択したはずなのに、上には5GBの文字が?あれれー?おかしいぞー!?

つまりは…「通信量無制限」って書いてるのは、5GBだと思っておいたらいいのか。そうしよう。

初っ端から中国の洗礼やなこれは。

じんぞう

たくさん通信する予定があるなら、割安な複数枚セットを買っておいてもいいですね。

中国プリペイドSIMの設定方法

中国に引っ越す日。現地について即使いたかったので、出発前の関空で設定を終わらせておくことに。落ち着いた環境で設定したければ、日本で出発前にやっておくのはおススメです。

日本の空港内はだいたいWi-Fiが飛んでるから、中国SIMが挿さってても問題ないですし。

じんぞう

SIMカードの挿し方

必ずSIMトレーを開けるピンを用意しておきましょう
このSIMカードには、SIMトレーを開けるためのピンが入っていませんでした。

▲こういうやつです。忘れずに持っておきましょう!

▲袋を開けたところです。ちゃんと日本語の説明書が付いてるので、この通りにすれば問題ありません。

 

▲まずはSIMカードを外します。できるだけ金属面を触らないようにしましょう。

 

▲右側が、さっきのSIMカードを外した写真。デカすぎて、SIMトレー(iPhone7)に全然入らないですよね。どーすんのこれ。

 

▲でも大丈夫。このSIMカードは中に切り込みが入っていて、全サイズに対応しています。iPhoneの場合は一番小さいサイズでピッタリ入ります。

電話側の設定方法(iPhone)

▲まずは「設定」を開きます。

 

▲次に、「モバイル通信」を開きましょう。

 

▲まずは、いちばん上の「モバイルデータ通信」をオンにしましょう。

それができたら、次は「通信のオプション」をタップします。

 

「4Gをオンにする」「データローミング」どちらもオンにしましょう。

これでおしまい…のはずなんですが、ぼくの場合は中国に入っても通信が使えず。原因は「APN設定」にありました。

中国SIMカードが通信できない時にやったこと

▲まずは「設定」を開きます。

 

▲「一般」を開きましょう。

 

▲この「プロファイル」を開きましょう。案の定、ぼくの場合は日本で使っていた「IIJ」というSIMカードの設定になってました。これを今から使うSIMカードのものに書き換えないといけません。

 

▲「プロファイルを削除」をタップします。

また同じSIMカードを使う方も、プロファイルを削除しちゃってOKです
ここで一度プロファイルを削除してしまいますが、日本帰国後に同じSIMカードを使う場合は再設定が必要になります。

「○○(SIMカードの会社名) APN設定」と検索すれば、大抵の場合公式サイトで再設定プログラムをダウンロードできます。ご安心ください。

 

これでもまだ調子が悪ければ、いったん電話を再起動しましょう。

それでもダメなら、APN設定の手打ちをする必要があります。Apple公式サイトを見ると

通信事業者が認めている場合、以下のいずれかの画面で APN 設定を表示できます。

  • 「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」>「Cellular Network」
  • 「設定」>「モバイルデータ通信」>「通信のオプション」>「モバイルデータ通信ネットワーク」

(Apple公式サイトより引用)

となっているので、この方法でAPN設定を開きます。

▲開けたら、「モバイルデータ通信」各項目に、説明書に書いてある通り入力していきます。

  • (名前:unicom)
  • APN:3gnet
  • ユーザー名:空白
  • パスワード:空白
  • (認証方式:CHAP)

カッコで囲んだところは項目がないので、無視してOK。わたしもこれで使えました。よかった。

中国プリペイドSIMの注意点。使い方を誤ると使えません

注意点1:SIMトレーを開けるピンは自分で用意しましょう

SIMカードのトレーを開ける、こういうピン。

ぼくがこのSIMカードを買ったとき、このピンは付いてませんでした。

必ず持参していきましょう!ないと詰むよ!

じんぞう

注意点2:SIMフリー端末じゃないと使えません

docomoとかauとか、キャリア制限のある端末ではこのSIMカードは使えません。ご注意ください!

ざらし

じゃあ、携帯ショップに行ってSIMフリー化してもらおうっと。
いや、それもちょっと注意点なのよ。詳しくは次の項目で。

じんぞう

注意点3:キャリアで買ったスマホを「SIMフリー化」したものは、使えない可能性がある

わたしはAppleでSIMフリー端末を購入したので大丈夫でしたが、まれにキャリアでSIMフリーにしてもらったスマホはこのSIMカードに対応しない場合があります。理由は、日本のスマホと中国のスマホでは通信に使う周波数が異なるから。

ざらし

え!どうすりゃいいのさ?

注意点2と3に引っかかってしまった方は

  • 自分のキャリアの「国際ローミング」を利用する
  • 中国対応のWi-Fiルーターをレンタルする
  • 新しくSIMフリーのスマホを買う

のどれかを選べば、確実に中国で通信ができます。

中国に引っ越すつもりなら、「新しくSIMフリーのスマホを買う」しか選択肢がないですね。

じんぞう

まとめ

わたしの場合は、中国に引っ越してから電話会社と契約するまでの間「つなぎ」としてこのプリペイドSIMを利用しました。安定して使えたので、結果的に満足しています。

Wi-Fiレンタルなどと比べてだいぶ値段も安いので、費用を抑えたい人にもおすすめです。

中国でも快適に通信しましょう!

じんぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA